マネー

【学習すべきはテクニカル分析か、ファンダメンタルズ分析か】FX


 

テクニカルか、ファンダか

 
相場においては2種類の分析方法がある。
 
ニュースや政治、経済指標などの
その国の情勢を示す情報に基づいて通貨の強さ、動きを判断する
ファンダメンタルズ分析
 
過去のチャートの軌跡と照らし
法則をあてはめることによって値動きを判断する
テクニカル分析
 
まずどちらを学習するべきなのか。
どちらがより重要であるのか。
 
 

 

強いて言うならテクニカル

 
最終的に必要なのはまぎれもなく『ハイブリッド型分析』だと思う。
けれど強いてどちらを先に学ぶのかと言うとテクニカルであるべきなのでは
と個人的には思う(n*´ω`*n)
実際、取引するのはチャートの画面上であり
ニュースを聞いて取引所に電話して取引を行うわけではないので。
 
テクニカルで値動きの癖や習性を理解してから
経済ニュースをキャッチしていくと
その値動きはどうして起こったのか、
その政治的経済的背景が値動きにどのような影響を及ぼすのか
そしてファンダメンタルの影響が及ばないのはテクニカルにおいてどの地点なのか
スムーズにキャッチできると考えています。
 
 
 

 

テクニカル分析のみのリスク

 
先日この罠にかかったので
覚書として自分の為にこの記事を書きますが。
テクニカルのみの分析にかたよった思考はリスクです。
 
テクニカルの役割とは
『なんの材料もない時の値動きの判断材料』であり、
ファンダには勝てない。
ということを再認識いたしました。
 
分かっているつもりでも意外と分かっていないこと。
 
ファンダの材料下では
テクニカル分析は無効。
 
一定の抵抗となる節目としては有効ですが
テクニカルのみで動いていた相場に
ファンダ材料が投下されると急激な予期せぬ値動きが起こることがあります。
だから、テクニカル分析のみの場合はポジションを抜いておくこと。
 
ファンダすら、
テクニカルに沿っているような気がすることも多々ありました。
しかしテクニカルを妄信することも間違いと気づきました。
長引くファンダ材料(地政学的リスク)が現れた不明相場にエントリーし
テクニカルをあてはめ
現在は上昇だがこの地点で一度下落するであろう、と仮定しナンピンしたり。
 
これで大損こきました(´;ω;`)
 
そもそも「地政学的リスク」という特殊要因は
指標が弱かった、強かっただけではない
長期的な不透明感に繋がり不明相場となることが分かっているのに
テクニカルが導いてくれるというある意味信仰的妄想で
エントリーをしたこと自体が間違いであったなと..冷静な今気づくのでした(笑)
 
 
含み損ポジの救済ができなかったことから、
両建ての練習をせねばと思っていましたが
問題は両建てができないことにあったわけではなく
巨額の含み損をかかえながらもなお
テクニカルに沿った値動きを妄信して損切をしなかったこと自体に原因がある
ということにも気づかされました。
 
 
 

 

ファンダ分析に意味はあるか

 
ファンダは誰にも予想ができない。誰かひとりの思想や思惑ではなく
大衆の心理の集合体だから。
 
では、ファンダメンタルズ分析とは無意味なのか。
 
 
 
〇〇の結果を受けた市場の反応
なんて予想するような分析は意味ないでしょう。
分からないんだから(;´・ω・)
 
 
 
本当に必要なファンダは、実は
 
・指値オペ
・銀行金利
・国債利回
 
↑この3つくらいなんじゃないかな。
この数値を見て値動きのシナリオを考える。
それがファンダメンタルズ分析なんじゃないのかな。
 
って
 
思うのです(n*´ω`*n)
 
 
凄く簡単なことなのに
やっとそれに気づきました。
 
改めて、この思考でトレードを行っていこうと思います。

 

スポンサーリンク




 
 
 

 

これからのトレード

 
まずいつも通り、キャッチするファンダは先ほどの3つ。
そしてニュース。
あとはできるだけ指標の時はノーポジでいること。
 
ルーモアの期待に乗るのもいい。
しかしわたしが参戦できるのはNYタイムオンリーのため、
指標発表後のプライスアクションでスキャルピングもいいと思う。
とにかく指標のノイズは短期トレーダーにとって命とりなので
その前後のみの取引とする。
 
東京時間などのテクニカルに忠実な時間を選びたい。
ただし東京時間は見れないので
与えられた環境で戦うため、NYタイムで上手に付き合っていこうと思う。
 
ノイズ必至の時間帯のため
スキャルピング取引を中心にすべきかと検討中。
資金を大きく減らしたのでスイングより今はスキャルに力を注ぎたい。
 
指標前後スキャルピングをメインにやっていきます。
 
 
家庭があるので
「リスクに晒す事ができない一定の資金領域」があります。
これから飛躍するためのFX資金調達のため
新事業を考案。
仕事家事育児、事業とトレードの時間はごく限られるが
トレードで勝負するための資金調達と思って今はトレードを2番手とし
事業を優先的に進めていきたいと思います。