在宅ワークハック

【LINEオープンチャット】シングルマザーの在宅ワーク探し。当てはまったらヤバイコミュニティの特徴4つ!

 こんにちは、はるうららです(@aikawaurala)。

ヤバイコミュニティの中で結構シングルマザーの比率が高いなあと感じたのでこの記事を書きました。

本記事でヤバイコミュニティとしているのは、ためになるかのような情報発信をしているグループがまたは個人が主催しているコミュニティで、発信している内容がほぼ本人たちの利益のために過ぎず救いのないコミュニティのことを指します。

シングルマザーの場合どうしても働く時間が制約されたり雇用されにくかったりという現実がありますよね。実家や元夫からの支援がなければなおのことです。

また、子供との時間をもっと持ちたいという思いから「在宅ワーク」を探しはじめる方も多いのではないでしょうか。

そんな切なる思いを踏みにじって搾取するようなコミュニティに属してしまう方を見てると、同じシンママとしてちょっと搾取する側にイラッとしちゃうので 今回は搾取される人が減りますようにという願いを込めて記事をお届けします。

うらら
うらら
筆者は子供が大病を発症したのち後天的に障害児となってしまい、それを理由に幼稚園を退園させられてしまったことによって(この話は需要があればブログにします。結構怒り心頭なお話しですよ(笑))、働く時間がとれなかったという条件も重なりシングルマザーですが在宅ワークという働き方で生きておりますm(__)m 

この記事を読んで分かる事

・シングルマザーを餌にする注意すべきコミュニティの見分け方。

・では、どこで本当に役立つ在宅ワークの情報を得たらいいのか?

・どこで共に頑張る仲間を見つけたらいいのか?

注意すべきヤバイコミュニティの条件

 最近LINEにもオープンチャットという機能ができてすっかり定着してきたでしょ?

うららもですね、ひととおりSNSは乗っかるという習性がありまして、フリーランス仲間を作ってみよう!なんて思いでオープンチャットをひとまずやってみることにしたわけです。

そして在宅ワーク系のオープンチャットのうち、

ヤバイコミュニティと楽しいコミュニティをあえてめぐってきたので参考にしていただけたらと思います。

一見平和そうに見えるけど?救いのないヤバイコミュニティ特徴

特徴その①:セミナー推し圧力がすごい

あらゆるSNSめぐってると、こういう手口ってめちゃくちゃよく見かけます。

「レビュー作戦」です。それもなぜかほとんどこのクチの画像ってラインの画面が多いんですよね。

こんなの正味スマホ2台あれば作れる画像なんでクオリティなんてあったものではありません。とにかく文中の「稼ぐ」「稼ぐ」「稼ぐ」かせぐ!このワードの多いこと!

これって詐欺の方は甘い文句に「稼ぐ」をよく使うので、搾取する側の方たちは感覚が麻痺しているのかもしれませんが

はたして一般の方の中でここまで多様する程の常套句でしょうか?

うらら
うらら
 もっと言うならお金をくれるお客さんを無下にするような「稼ぐ」なんてワード連呼するかい?完全に搾取する側目線やないか(笑)

特徴その②:詳細を絶対オプチャ内に書かない

うらら
うらら
 はい、別のコミュニティへの入信誘導きました

あの手この手で外部への誘導をしてきます。

外部誘導してくる時点で「登録してもらうと紹介者に利益がある仕組みが隠れている」ということの表れなので、

コミュニティ参加者のためを思って紹介しているというより「利益欲しさに誘導している」と判断していいです。

参加者が多い程多くの謝礼が入るんですね。

外部サイトではもう運営者は既にコミュニティの管理者ではなかったりもします。

ポイントは「案件に直接飛ばずに別のコミュニティに繋がるリンク」だということです。

特徴その③:オプチャ管理者の権限が強い

管理者なので統率するのはあっていいことです。

しかしコミュニティで生まれた繋がりを「コミュニティ外部でやりとりしてはいけない」とするのにはひとつ、コミュニティへの不信感を水面下で拡げさせないため、オプチャからの集団退出への抑止力としての文言として受け取れます。

連絡先をオプチャ内で公開することはLINEオプチャガイドラインにもあるのでコミュニティに連絡先を掲載してはいけませんが、

ここまでの抑止を求める権限は管理者にはありません。

特徴その④:参加者のレベルが低い

うらら
うらら
この画像の会話で使われてる「ノート」もう外部リンク(または別の公式グルチャ)だからね。(笑) 

レベルが低いというのはさげすんでいるわけではありません。

在宅ワークを知らない人は誰しもがゼロからのスタートですから。

問題はそこではなく「いつまでたっても学ばない」、皆が話す内容が変わらないことにあります。

LINEのコミュニティ内で学べることがないから、コミュニティ内の会話レベルが低いままなのです。刺激がなくて知識が低迷したままなんです。

「稼げる在宅ワーク教えてください」

「どんなのがあるんですか」

みな一様にこの調子です。餌をくれるのを待っている人たちに投げられる餌は

詳細や仕組みをあらかじめ伏せた形の外部誘導という罠なので

コミュニティから外部へアクセスして登録(または別の公式ラインに入室)しないと

そのコミュニティの中では何も学べないのです。

LINEオープンチャットの規約と照らし合わせてみると

LINEオープンチャットのガイドライン(こちら)を参照してみましょう。

ガイドラインによれば、

、違法な商業活動や、ネットワークビジネス・宗教・その他の団体への勧誘禁止

とのことです。この規約を読むと分かることがあります。

先ほど、「ヤバイコミュニティの条件」の中で

「詳細を絶対オプチャ内に書かない」という見出しで取り上げましたね。

管理人が案件を紹介する時にオプチャ内で詳細に内容を書いてしまうとLINEの公式ガイドラインに違反してコミュニティを削除されてしまう恐れがあるからわざわざ外部サイトへ飛ばすんですね。

つまり、内容がネットワークビジネスであると認めてしまっているようなものです。乙。

(ネットワークビジネスってネットでやる商売やろ!じゃあ在宅ワーク案件ぜんぶ紹介できないのでは?)

とお思いの方もいるでしょうか?

このガイドラインに書かれている「ネットワークビジネス」とは、連鎖販売取引のことを指します。

ネットワークビジネスとは、次のいずれかである。

・マルチ商法・MLMなど連鎖販売取引の総称。

・コンピュータネットワーク、インターネット、情報通信技術(IT,ICT)に関するビジネス。

WiKiペディアより

前者のネットワークビジネスは、健全な在宅ワークとは趣旨が異なります。

健全な在宅ワーク案件は掲載が可能です。

ちなみにわたしは悪質なヤバイコミュニティの実態が見たくてわざと外部リンクを踏みました。

LINEオプチャに「案件紹介するのでこちらに登録を」という流れて貼られていた外部リンクに飛びますと、

また別の公式LINEでした。ヤバイコミュニティと分かっていてあえて公式ラインを登録。

すると「公式ラインにお友達を紹介すると500ポイント手に入る!」という調子で

マルチ商法への入り口がちゃんと口をあけて待っていましたよ(笑)。

推奨できるコミュニティ

  入室を推奨できるコミュニティとしては

先述した「ヤバイコミュニティの条件」に一致しないもので、管理者の一方的な統率がなく参加者がフランクに話合えるオプチャです。

そもそもコミュニティの役割とはなんだという話になってきますが、

価値観の似た者や境遇が似た者たち同士で雑談する中で出たアイディアや相談の中で参考になるものがぽんと出たら儲けもんというスタンスで臨む方が

快適で有益なオプチャに出逢えるのではないかと筆者は考えます。

 わからないことを投稿したら他の参加者がフランクに応えてくれたり

「この案件ってどうなの?」って気軽にURLを貼って相談できたり。

「ヤバイコミュニティの条件」に当てはまっていなくて心地のよいコミュニティなら

参加する価値ありかもしれませんね^^♪

ちなみに交流が盛んなコミュニティでは

飛び交う内容によって、話す内容のレベルがどんどん踏み固められて定まってきます。

なのでこのようなコミュニティにはレベルの低い質問でコメントが停滞していくことがあまりありません。

話の内容についていけない時はたずねてみたり、時に自身で調べてみることで、

自分が高められるよいコミュニティです。

 この画像は筆者が出逢った、外部誘導などアフィリエイト活動を目的としない在宅ワーク系オープンチャットです。

フランクでゆるくて「これぞコミュニティ」と感じました(笑)

これくらい自由度が高い方が結果的に学びが多いと思います。

わからないまま、よくわからないものに登録させられて今後のキャリアにつながりもしない低い単価で身を削ることになるようなヤバイコミュニティではなく

モチベーションと学びにつながる素敵なオープンチャットのコミュニティに出逢えるといいですね!^^♪

在宅ワークを得よう!

コミュニティツールはあくまでモチベーション

 ここまで読んでくださってありがとうございます。

LINEのオープンチャットについて書きましたが、ツイッターでもなんでも

このような怪しいコミュニティは、人が集まるSNSであればいくらでも存在します。

ではどうやって本当の在宅ワークを見分けるの??と思うじゃないですか。

結論から言います。基本的にSNSで在宅ワークをもらおうと思わない方がいいです。

モチベーションにするならSNS推奨

 同志と繋がってモチベーションにするなら、オプチャに限らずなんのSNSでもいいです。

ツイッターもあり、インスタもあり、クラブハウスでもなんでもいい。

ひとりきりでやるよりは継続がしやすくなるのでむしろSNSは推奨できます。

ただ、どのSNSにもマルチ商法や悪質なアフィリエイト集団は居るので

この記事で得たことを応用して、寄ってくる悪質な者を見抜いて快適なSNSライフを送ってください。

再三書きますが、SNSはモチベーションを維持するためのツールであって仕事をもらうために特化したツールではありません。

まずは市場調査をして在宅で自分ができることを見つけてください。

在宅ワークは起業と同じなので、自身で動かないと、最初からお仕事は入ってきません。まず動きましょう。

では具体的に何をしたらいいのかお伝えします。

仕事は自分で取ってくる

再三お伝えして恐縮ですが

在宅ワーク案件は人にとってきてもらうものではありません

紹介してくれるのを待っているものでもありません。

だからまずもって

本気で在宅ワークで生活したい人が仕事を探ための場所が コミュニティであるという認識がそもそも間違い。

現代は既に多くのクラウドソーシングサービスが

仕事をしたい個人と仕事を任せたい企業または個人をマッチングさせるサービスを作っています。

仕事をしたいなら仕事を提供しているプラットフォームで仕事さがしなさいよって話です。

うらら
うらら
だめよ、怪しいオープンチャットなんかで紹介してもらおうと思ったら!!

まずは市場を知ることから

うららはこの記事を書いている現在、ココナラでプラチナランカーとして活動しています。

ココナラでフリーランスをはじめてどんどんステップアップ式にランクが上がりました。そして最高ランクを維持し続けている状態が現在です。

これが最高ランクの「プラチナ」。プラチナの基準、一定以上の売り上げと高評価という条件を満たすと得られるランク。

わたしがこの状況を作り出すことができたのは市場のニーズとわたしに「できること」のニーズが合致したからです。

これから在宅ワークをするにあたって超!超有益なこと言いますからね。

「今、どんなサービスが必要とされているのか」「どんなことがお金になるのか」

これをまずたくさん知ってください。

クラウドソーシングサービスをながめて市場調査をしてください。

きっと「自分にできること」、「自分にしかできないこと」を見つけることができるはずです。

今思いつかなかったとしても、どんなものが売れるのかを知っているのと知らないのとでは

普段何気なく生活している中でもアイデアをキャッチできるかできないかの差になります。

おすすめのクラウドソーシングサービスランキング3選!

第1位:クラウドワークス

 クラウドワークスの魅力はなんといっても顧客と人材の多さ!国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

そのため職種も多種多様。「自分にできることさがし」にはもってこい!

お仕事を受注する側にも審査があり、発注する側が安心してお仕事の依頼をすることができることから

企業案件も見込めます!

在宅でお仕事すると決めたなら。必ず登録しておきたいサービスのひとつです。

登録者数300万人以上
手数料5%-20%
おすすめ度★★★★★
使いやすさ★★★★☆

第2位:ランサーズ

 国内最大級のクラウドソーシングサービス大手!ライティング系統のお仕事に特に強くサポートも手厚いです。

クラウドワークスとも並ぶ職種の豊富さです。ランサーズも是非おさえておきたいクラウドソーシングサービスです。

3本の柱があると

在宅ワークでも安定した収益が得られます。

登録者数110万人以上
手数料5%-20%
おすすめ度★★★★★
使いやすさ★★★★☆

第3位:ココナラ

うららも愛用中のココナラ!サービス開始以降凄い勢いで登録者数を伸ばしています。

サイト全体の集客力が強いこと、ユーザーライクでシステムが使いやすいところが超おすすめポイント!

はじめての方でも収益をあげやすい仕組みがあります。

出品の形式が簡略化されており、フリマアプリなどを利用しているユーザーさんはとても肌馴染みよく

使いやすい仕様になっています。

個人ごとにランディングページが持てることも魅力で、ブランディングが簡単に行えます。個人がアピールしやすいサービスです。

手数料が高いため3位としましたが、メリットが大きいためおすすめです!

登録者数211万人以上
手数料20-30%
おすすめ度★★★★★
使いやすさ★★★★★

新サービスでスタートダッシュ!

大手3社は登録者数が多いため、考えようによってはライバルも多く存在します。

これから登録者数が伸びていくクラウドソーシングで実績を作り、後から入ってくるライバルと差をつけるという手法もおすすめです。

今後伸びていきそうなクラウドソーシングサービスをご紹介します。

クラウディア

登録者数25万人超えと勢いの波に乗っているクラウディア。

なんといっても手数料が業界最安帯です!!(涙目)

クラウディアの手数料は3%-15%!

手数料問題は、抱える案件が増えてくるとネックになってくるので

手数料最安のサービスで売り上げを上げられるようになると最終的に利益率が高まるので

クラウディアはおすすめです。

イスト

イストは手数料5%-10%と業界最安値です!

ユーザーがまだ少ないため他のクラウドソーシングサービスと併用して使用すべきとわたしは思いますが

サービス開始初期の現段階で登録してライバルと差をつけることを目的として登録はおすすめ!

手数料の安さとユーザビリティをもっと購入者側にもアピールしていって大きなサービスになって欲しいですね!^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です