マネー

【相場の転換点】順張りトレーダーはこう読む。うららのロジック・手法

こんにちは、うららです。
 
 今回は相場の転換点においての
うららのロジックといいますか。
 理想のトレードの考え方を直近のチャート画面で解説します(n*´ω`*n)
図解で無料なので読んで損なしです。ではいってみませう。

 

転換点とは

下落相場ないしは上昇相場で
一方行に進んでいた相場の向きが変わるタイミングのことです。
 
 
下落相場が、上昇に変化する瞬間を見極めることができれば
波動の末期に無駄なショートかけて狩られるようなことはなくなりますよね(n*´ω`*n)
 
現在の下落相場です
レジスタンスライン(上値をむすんだ線)
を引いた時にまず、
 
右側のローソクが明らかに突き抜けていることに気付くことができます(n*´ω`*n)
ここが転換点になり得るところです。
次に本題。

順張りで転換点をひろう

順張りでエントリーするためには上昇転換であるという根拠が必須。
その根拠は大きく2つ(n*´ω`*n)
①はじめて大きな陽線で安値を切り上げた
・エリオット波動論の末期であることと、
・はじめて明確に安値切り上げ
のセットで
「そろそろ転換点が来るかもしれない」と身構えておく。
ここまではまだ身構えておくだけ。
あくまでまだ下落相場なのでショート優勢です。
 
 
今まで長い時間をかけて下落してきた相場は
突然下落前水準に戻ることはできませんので
上昇した相場に焦ってロングかけると大陰線で返されます。
(過去の関連記事)
つぎに、

 

②こまが出て陽線2連続
底値圏で、『実体が小さくヒゲが長い』カタチの
コマと呼ばれるローソクが出ました。
これは相場が上下迷っていることのあらわれです。
 
こまを見た瞬間にエントリーもありだと思いますが
うららはまだエントリーしない。
強い陽線が固まったのを目撃したらエントリーします(n*´ω`*n)♪
 
わたしのエントリーラインが画像上の赤線で表示されていますが
ちょっと遅いくらい(;´・ω・)
 
わたしのロジックというか手法はこんなかんじ。
エントリーが遅め=利益少なくなりますが、
リスクは減ります。確信ができてからなので(n*´ω`*n)
みなさんの考え方はいかがなものでしょう。
 
 
大底割っていないので結果論ですが
安値、ロング
安値、ロングで最終的に規定ロットになるように
ナンピンしてリスク分散してエントリーするのもいいですね(n*´ω`*n)