マネー

FX【元本はいくらあるべき?】超初心者のための投資資金準備


 
こんにちは、うららです。
これからFXの世界に入る方に向けて、今回のテーマは
投資元本だけに焦点を当てて
 
【FXをはじめるにあたって、
元手となるお金はいくらあればいいのか?】
 
ということについて解説していきたいと思います。
実際トレードを行っていて必要な点を踏まえつつ
いってみましょう。
 

うらら
うらら
単純な質問だけど、具体的な金額ってどこにも載ってない。

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

投資元本の考え方

 

 

まずはじめに。FXにおける投資元本とは、極端に言うと
「ドルを買い入れる資金」のこと。
ドル/円の通通貨ペアを例にすると
円でドルを買う(円を売ってドルを買う)ことになるため
このような言葉の表現になります。
なので、ドルと例をあげましたが他の通貨ユーロであったりリラであったり
ポンドであってもいいです。
 
ドルを買い入れ、買い入れた時の時価額より
ドル高円安が進行した時に、ドルを売り円を買い戻すと
通貨の時価額の差によって利益が生まれます。
これを為替差益(かわせさえき)といいますが
トレーダーになるみなさんはこの利益を目的に売買することになります。
 
しかし、上昇するにしても、相場は常に
上下にゆらゆらと振れながら上昇していきます。
どちらか一方行に延々と進んでいくことはあり得ないのです。
 
目標額に達するまでに上下に振れ、
一時の損失(含み損)を抱えることもあるのです。
 

なるほど。マイナスも許容できる元本が必要なんだね。
下の画像を見ると、上の赤線でエントリー(買って取引を開始すること)して
一度マイナス圏に落とされています。
下の赤線はロスカット線(元本を守るための強制取引終了)です。
しかしロスカットされず耐えることが出来て、
ちゃんと上昇を取る事ができているのがわかりますね。
 
 

 

 

 
損失額が元本を上回ってしまわないよう、
損失が元本の8割程度になった瞬間
「強制ロスカット」なるものが施行され、
市場から強制的に退場させられてしまうのです。
という事は、
上下する値動きに「耐えられる」だけの元本が必要
だということです。

うらら
うらら
えっ!てことは、貧民のうららはFXに参加すらできないの?
 

 

「いいえ、元本が少なくとも取引できます。(天の声)」
 

 

 

うらら
うらら
(はっ!!このブログの解説者はわたしひとりではなかったのか…!?)

 

 

元本が少なくても取引できる

 

 
 

 

元本が少なくても取引できるということは、
元本が少なくても損失に耐えることができるということ。
なぜそれが可能かと言うと
強制ロスカットで退場になってしまわないよう、
損失額は自分で設定できるものだからです。
 
そして、賭けるロットも自分で設定ができます。
 
元本が少ないのならば、ロット(投じる金額の大きさ)を減らして買い入れる。
そうすれば
元本の大きい方と同じトレードができる、というわけなのです。
 
 

 

損する可能性のある金額

 

 

証券会社によって違う場合もありますが、
1ロット10万通貨です。
10万通貨とは、通貨ペア、ドル/円の場合
(1ドル110円として、それを×10万とすると)
1千万と100万円になるわけです。
 
巨額ですね。
 
当然、それだけの額になると
相場が10ピプス(10銭)動いただけで、1万円損失を被ることにもなり得ます。
単純に言いますと、一日に1円以上動くこともありますので、
1円動いたら(100ピプス)10万の損失です。(超単純に考えて、ですよ^^)
1日で、10万円。もしくは20分程度で10万なくなることもありうるのです。
 
 
そんな大きなロットで資産を賭けるって、恐怖じゃないですか?
だから、ロットを自身でコントロールすることは超重要なのです。
 
わたしもそうだったのですが、
はじめのうちは変動率→額面のように直観的に結び付けにくいため
わかりやすく一覧表を作りました。
 

▼ロット数に応じた利益・損益の金額▼

 

ロット数 10銭変動 20銭変動 30銭変動
1ロット(10万通貨) 1万円 2万円 3万円
0.1ロット(1千通貨) 1千円 2千円 3千円
0.01ロット(1百通貨) 1百円 2百円 3百円

(銭=Pips)

 

 

うららが使用している証券会社XMは、
10万通貨の100分の1から取引できます。
つまり0.01ロットという最小のロットで取引をすることが可能なのです。
デモ口座もあります。
とはいえXMはコンテスト開催にやや消極的な傾向があります。
リアル口座へのボーナス還元率の良さ、取引回数などが増えるにつれて
階級が上がってクレジット(現金と同じようなもの。投資元本になる)
が手に入ることなどから、どちらかというとリアル口座で運用している方に手厚いブローカーです。ですので、
うららはXMにおいてはリアル口座をおすすめします。
 
 

 

いくらから取引できるのか

 

うらら
うらら
さてきた本題。ここで具体的金額が判明するのだね。
ズバリ1万からでもできます。
 
でもこれまでに述べたことを思い返していただきたい。
 
1万ということは、一度の取引で1000円損をしてしまったら、すでに資産の10%を
失ってしまっている計算ですよね。
10%以上、一度の取引で失うということはどのトレーダーにとっても
大きな損失です。
そのような無謀な取引を繰り返すと、資産がゼロになるようにできているんです。
厳しい世界ですね(;´・ω・)
 
ということは、一度の取引で10%以上の損失を許容しないとすると
1万円の場合0.01ロットが現実的です。
となると。逆に言えば取れる利益もそれだけ小さいので、
利益を得ても10円単位、100円単位の小さな取引となります。
さらに
ロットが少ない分、利益を伸ばすことを考えると
必然的に時間がかかります。
相場に絶対はないので、5日待った結果が、マイナスだった。という事もあり得ます。
 

うらら
うらら
どれだけのペースで資産を増やしたいかにもよるけど、

それは効率悪すぎ(汗)

結論、その10倍の10万以上が理想です。
10万の10%=1万ということは
1万=0.1lotで1円(100PIPS)持ち続けることができるということなので。
10万円は最低ラインではないかな(‘ω’)
(もちろん元本が多ければ多いほどいい勝負ができるので
あるにこしたことないですが
最低ラインはここ!!)
1万円をFXで10万にするより
働いて10万貯めてからスタートした方が、
効率の良い取引ができる
 
 
 
JPEGうらら画像